福岡・大阪の観光だよ(柳川)

筑後川と矢部川の複合デルタに浮かぶ水郷柳川、立花12万石の城下町の懐かしさは大通りにはない。
町裏を流れる濠割りを小舟に乗って下る時幻灯の絵のように現れる並倉、なまこ壁、アヤメ、ウオーターヒヤシンス、そして蘇るセピア色の思い出。
西鉄大牟田線で福岡から特急50分、西鉄柳川下草。または長崎本線佐賀駅から急行バス45分、西鉄柳川下車。

大阪デリヘルを厳選でご紹介するデリヘル大阪。デリヘルの盛んな大阪は清楚系、綺麗系、ギャル系、セレブ系、OL系、カワイイ系などバラエティが豊富です。
福岡の風俗情報は清楚で可憐なセレブ系の人妻が見つかる、甘いなひとときをご提案します。

●川下り

西鉄柳川駅から徒歩6分。乗船場は208号線パイバス下、三柱神社入口、国道橋下に4か所ある。
柳川のよさは竹竿一本であやつるドンコ舟に乗ってはじめてわかる。福岡のデリヘルは ゆるやかな時の流れに身をまかせると、北原白秋の描いた世界が次々に現れてくる。
「廃れはてた遊女屋の人もなき厨の下を流れ、水門に堰かれては、三味線の音の緩む昼過ぎを、小料理屋の黒いダリヤの花に欺き」という「思い出」の世界さながらの風景だ。
この水路は柳川城を取り巻く濠で、その面影は水門の石ぐみに濃く残っている。
慶長5年(1600)筑後33万石の領主となった田中吉政は、五層の天守閣を幾重もの濠で取り巻き、水門を切れば泥海の中に城だけが浮き上がるよう築城した。
終点まで1時間、1人1200円の乗合船のほか貸切りがあり、納涼、月見、冬のコタツ舟と楽しめる。

●白秋生家・白秋記念館

下船場から徒歩3分。北原家は堂々たる白壁土蔵造りの家で、代々筑後一の海産物問屋だった。
明治18年この家の長男として生れた白秋は、「ぴぃどろ瓶」と呼ばれるほど繊細だった。
少年時代、この家のランプの下で船頭から長崎の話を聞き、アラビアンナイトを読み、トランプ占いに興じて、異国情緒豊かな詩心を育てた が中学伝習館時代、文学に親しみ過ぎて落第、上京して早稲田大学予科に入学、やがて詩人白秋としてデビューする。
記念館には著書や遺品が展示してある。

●白秋詩碑苑

白秋生家から徒歩3分。 白秋が学んだ矢留小学校の西側に「帰去来」の詩碑が立っている。
白秋は実家の没落、不幸な恋と貧乏に苦しみ、永らく柳川に帰ることがなかった。
昭和3年朝日新聞の郷土訪問紀行で20年ぶりに帰郷 した白秋は懐かしさに泣き「帰去来」の絶唱を生んだ。

INFORMATION

20013.1.29
サイトタイトルを記載します。
20013.1.30.
ページタイトル(新着情報)を記載します。
20013.1.30
メインタイトル(情報)を記載します。
営業時間:10:00~19:00 定休日:土日祝

あいさつ文、てすとテスト、只今マイクのてすと中でござる。